引っ越しに必要な書類

引っ越しに必要な書類はたくさんあります。

 

それは引っ越し前から引っ越し後までしばらく出番のないことはないでしょう。

 

全てを書くとかなり長くなってしまうので、役所が関わることだけをまとめてみますね。

 

まず引っ越す前に

 

転出証明書を役所で発行してもらう

 

必要があります。引っ越した後は14日以内

 

転出証明書と身分証明書、印鑑を持参して引っ越した後の住所の役所で転入届を提出

 

しましょう。
この時住民票を発行してもらっておくと楽なので、あらかじめ必要な枚数を確認しておくと良いですね。

 

 

なぜ住民票が必要?

 

住民票が必要になる手続きは意外とあります。
たとえば

 

運転免許証の住所変更

 

です。これは管轄内の警察署にて行うことになり、運転免許証と印鑑、住民票が必要になります。
ちなみに都道府県を越えて引っ越す場合は写真も必要です。
身分証明書として使うことも多いので、要らぬトラブルを避けるためにも早目に変更しておきたいものです。

 

ちなみにこの住所変更と併せて車庫証明の申請もしておくと手間が省けますよ。
ただこの申請には車庫の配置図などの申請書類が必要なので、事前に準備をしておくことが大切です。

 

 

>【引越し値引き交渉】サカイのお値打ち値引きゲット方法まとめ

 

引っ越しが決まったら、まずは見積りしてもらおう!

引っ越し見積りは、多ければ多いほど比較ができて、値引き交渉がしやすくなりますよ

↓ ↓ ↓

※ココが一番使い勝手がイイので、引っ越し見積りを安くしたいならマストです!




ページの先頭へ戻る