旧居の引っ越しご挨拶マナーは?

引っ越しをする際に、今まで住んでいたところの挨拶は必要なのでしょうか?

 

基本的にご近所づきあいがあった場合、何の挨拶もなく引っ越しするというのはマナー違反でしょうね。

 

  • 住んでいたところで個人的にお世話になった方
  • 良くご近所づきあいをしていた方(荷物の預かりなど)

 

には引っ越しのご挨拶を必ずしましょう。
飛ぶ鳥あとを濁さずということわざがあるように、引っ越し時にはしっかりご挨拶をしておきましょう。

 

引っ越しのご挨拶は、直接お会いするのが一番良いです。
ただし時間の余裕があまり無い場合は、挨拶状をお渡しするという形でも良いです。

 

その際の挨拶状には

  • 今までお世話になったお礼と感謝
  • 引っ越しの予定日
  • 新居の住所・連絡先

などを記載して、引っ越し前にお渡しできるようにしましょう。

 

特にご近所づきあいをしていなかった場合には...ご挨拶は必要ナイでしょうね。
賃貸住宅で大家さんと顔見知りであれば、お世話になったご挨拶として面談程度をしておきましょう。

 

 

引っ越し当日

 

引っ越し当日は引っ越し業者トラックの駐車や荷物搬出などで、隣近所の人に何かとご迷惑をかけることが多くなります。

 

アパートやマンションであれば、引っ越し作業にかかるエレベーター使用などの予定時間を、入り口付近の壁などに掲示しておくと良いです。

 

 

旧居でのご挨拶品は?

 

大変お世話になった方今後もおつきあいをしたい方でしたら、
3,000円〜5,000円程度のカタログギフト券≫などが良いでしょう。

 

隣近所の顔見知り程度の場合は、
新居でのご挨拶品と同じ気持ち(500円程度)で良いでしょうね。
楽天市場引っ越し挨拶品≫は「のし付き」で500円以下の物がたくさんあります。 

 

 

物よりも『こちらからご挨拶をすること』が一番肝心です。

 

 

>【引越し値引き交渉】サカイのお値打ち値引きゲット方法まとめ

 

引っ越しが決まったら、まずは見積りしてもらおう!

引っ越し見積りは、多ければ多いほど比較ができて、値引き交渉がしやすくなりますよ

↓ ↓ ↓

※ココが一番使い勝手がイイので、引っ越し見積りを安くしたいならマストです!




ページの先頭へ戻る