引っ越し梱包 グラスの場合

引っ越しの梱包でグラスの場合、どのようにすれば良いのでしょうか

 

割れ物は総じて、

  • あらかじめ割れないように考えて梱包しておく

必要があります。

 

 

グラスの引っ越し梱包方法

グラスの場合は、

新聞紙やエアーパッキン等で割れないように1つづつ包んでおく

のが一般的です。

 

そこで一番お勧めなのは、

市販のラップで包んで梱包する

方法です。

 

ラップに包んで梱包をしておけば、まず転居先でわざわざ洗う必要がありません

 

荷解きしたらすぐに食器棚に入れられるので素早く片づけが終わります。

 

ラップも高いものである必要は全然無く、特売や100円SHOPで安いものを買っておけばそれほど費用もかかりません。

 

新聞だとタダだけど、ラップは買わなきゃいけないしちょっとモッタイナイ...
という方もいるかも知れません。

 

ですが新聞紙に包んだグラスをわざわざ洗えば、水道代やガス代がかかります。

 

 

梱包したあとのグラスは

 

グラスは、包んだら隙間ができない様にぎっしりとダンボールに詰め込んだほうが良いでしょう。

 

隙間があると、ちょっとした衝撃でも割れてしまうリスクが高まります。

 

そしてグラスなどは重い割れ物になるので、小さめのダンボールに梱包します。

 

ダンボールには赤マジックペンなどで「割れ物」と記載しておきましょう。

 

バカラ等の高級品でちょっと心配な場合には、自分で手持ちで運ぶほうが良いこともあります。

 

 

>【引越し値引き交渉】サカイのお値打ち値引きゲット方法まとめ

 

引っ越しが決まったら、まずは見積りしてもらおう!

引っ越し見積りは、多ければ多いほど比較ができて、値引き交渉がしやすくなりますよ

↓ ↓ ↓

※ココが一番使い勝手がイイので、引っ越し見積りを安くしたいならマストです!




ページの先頭へ戻る