引っ越し 挨拶状の書き方

引っ越しに伴う挨拶状の書き方にはある程度決まった形式があるようです。

 

引っ越しの挨拶状とは近隣住民への挨拶に使うものではなく、親しい人やお世話になった人に対して転居したことと新しい住所・連絡先を知らせるものです。

 

気をつけたい要素は大きく3つで、

  1. 転居したことがハッキリ分かるようにすること
  2. 新しい住所・連絡先を書くこと
  3. 今後も付き合いをお願いしたい旨を書くこと

転居したことが分かりやすいように、引っ越しましたなどと冒頭にハッキリ書くようにしましょう。

 

 

挨拶状の書き方

 

もし目上の方に送る場合は、

初めに頭語、次に時候の挨拶、相手を気遣う言葉、そして転居の知らせ

というようにすると丁寧ですね。次に

近況や転居先であったことなどの小話を記す

としてもいいかもしれません。そして今後もよろしくといった類の文章を書き、

最後に転居先の住所・連絡先と自分の氏名で締めくくり

ます。
ちなみに引っ越しの挨拶状を出す時期としては1か月以内が目安です。

 

引っ越し前後は手続きも重なり色々と忙しい時期ではありますが、なるべく早く出しておきましょう。
遅くとも2か月以内には出しておきたいところです。

 

 

>【引越し値引き交渉】サカイのお値打ち値引きゲット方法まとめ

 

引っ越しが決まったら、まずは見積りしてもらおう!

引っ越し見積りは、多ければ多いほど比較ができて、値引き交渉がしやすくなりますよ

↓ ↓ ↓

※ココが一番使い勝手がイイので、引っ越し見積りを安くしたいならマストです!




ページの先頭へ戻る