【引越しのサカイ値引き交渉術】見積り金額で損をしない3つの方法
【マジ安くなる!経験談】サカイ引越しセンターさんと引っ越し見積りの値引き交渉をした一部始終を大公開!コノ値引き交渉術なら必ずどこよりも安く引越しできます。誰でもできる、値引き交渉が苦手な人でも必ずトクする方法です。

サカイ引越センターの値引き交渉にはコツがある!

 

サカイ引越センターさんの引っ越し見積り料金を安くしてもらう方法、知っていますか?

引っ越し見積りの料金は、ほんの少しだけ値引き交渉をすれば必ず安くなります!

 

とはいえ、『交渉』というと少し難しく感じるかもしれませんよね。

 

でも、ぜんぜん大丈夫。

 

たとえば、女性一人でもカンタンに値引き交渉できる方法です。

 

また、『サカイ引越センター』さんは、これからお教えする方法を使えば必ず大幅に値引きをしてくれます。

 

そして、私はこの方法で、今までに家族で3回、単身で8回引っ越しの引っ越しを、いずれも大幅値引きでしてもらいました。

 

コツさえ理解っちゃえば超カンタンな方法ですから、是非覚えていってください。

 

引越しの値引き交渉をする前に

 

時間には限りがある

 

引越しは 時間との戦いです。

 

なので、引越し料金の値引き交渉で損をしたくなかったら、まず最初に

 

必ず複数の引越し業者さんから見積りを取ること

 

まずコレを確実に行ってください。

 

一番重要なポイントですから、もう一度言いますね。

 

引越し先が決まったら、スグに複数の引越し業者さんから見積りを取ること

 

たとえば、1社だけにお願いをすると、次のように足元を見られて営業さんに言いくるめられてしまうんです。

 

引越し営業マン

 

今はこれ以上の値引き対応はできません!
業界自体が人手不足なので、もう限界の金額です。

 

このように、自宅に来た引越し業者の営業さんに強い調子で言われたら、

 

 

なんか…高い気もするんだけど...(ボッタクリ?)
でも、ショウガナイのかな…

 

ってなって、渋々と契約しちゃいがちになります。

 

なお、このケースは、負けパターン。

 

引越し料金の相場金額を知らないばっかりに、営業さんにトークで言いくるめられてしまったパターンです。

 

では、どうすれば大幅値引きを獲得できるのか?というと、

 

引越し料金の相場金額をあらかじめ調べておくこと

 

というのも、引越し料金の値引き交渉をするときは、業者ごとの見積り(=データ)はたくさんあったほうが絶対に有利だからです。

 

なんですが、引越しって仕事の合間にするものですし、他にもたくさん準備しなければならないことがあります。

 

なので、最終的に引越し業者さんを決める時間が足りなくなるんです。

 

ですから、引越し先が決まったら、まず最初に引越し見積りを集めてしまいましょう。

 

そのときに便利なのが、引っ越しの無料一括見積り比較サービスを利用すること

 

引っ越しするって決まったら、スマホから一括見積り無料サービスを利用して、それぞれの業者さんがどんな見積り金額を出してくるのか、まず最初に情報収集します。

 

たとえば、↓↓↓みたいなところです。

 

このとき、引越し業者からの連絡受取はスマホのメルアドにしておくと便利

 

仕事中などは、引っ越し業者さんからの回答を知るタイミングが遅れがちになります。

 

なので、スマホなどでいつでも確認ができるアドレスを登録しておくのが良いのです。

 

そして引っ越し業者さん一括見積もりをすると、だいたい1日〜2日で各業者さんから連絡が届きます。

 

なので、まず最初は

 

その中で一番安い業者さんの見積り金額だけを覚えておく

 

最初に一括見積もりサービスを利用した時点では、

 

 

コレが一番安い見積り金額ね...

 

って、業者さんの最安値を知っておくだけでOKです。

【重要】業者から連絡が来たときに注意すべきコト

引越し一括見積もりを依頼すると、

 

 

このたびはお見積りのご依頼、ありがとうございます。
正確なお見積りをするために、一度ご自宅を訪問させてください。
もちろんお見積りは無料です!

 

という感じで、真っ先に自宅訪問を希望する引越し業者さんがいます。

 

ですが、このようなお願いをされても、スグに業者さんに来てもらってはダメ!です

 

というのも、今回は大幅値引きを獲得するために

 

『本命の業者=サカイ引越しセンター』さんに最後の最後に来てもらう

 

という作戦だからです。

 

ですから、最初は

 

サカイ引越しセンターさん以外の引っ越し業者4〜5社くらいから、メールで良いので概算見積り金額を教えてもらいましょう

 

このようにして、たくさんの業者さんから金額を聞いていくと、引越しの相場価格や最安値がおおよそ判ってきますから、次は

 

本命の業者=サカイ引越しセンターさんに一番最後に自宅訪問してもらう

 

のがコツです。

 

どうしてかというと、

 

訪問見積りに来る引越し営業マンは、訪問した当日に即契約したがるから

 

だって、『見積り無料』とはいうものの、業者さんは自宅訪問をするだけで人件費がかかります。

 

なので、引越し業者さん側は、その見積り訪問時に一気に契約を決める(獲る)覚悟でやって来ます。

 

だから、当日契約を取り付けるまで帰らない作戦を取る!

 

で、普通の場合だと、この押し売り的な、営業マンのねばり腰戦法に根負けしちゃって契約しちゃいます。

 

ですが、今回は、その営業マンの『契約取れるまで粘って帰らない作戦』を最大限に利用しちゃいます。

 

そして、本命の業者を『サカイ引越しセンター』さんにするのにも理由があって、

 

引っ越し契約件数は全国一(売上高は全国一ではないのに)

 

とCMでバリバリPRしている業者さんだから。

 

つまり、『サカイ引越しセンター』さんは、全国一引越し件数を受注しているけど、引越し料金がリーズナブルなので売上高は日本一じゃない

 

コレは、『引越し値引き交渉に柔軟に対応してくれる可能性大』ということです。

 

さらに、『サカイ引越しセンター』さんは、全国大手ですから引越し保険などの補償面もしっかりしています。

 

このように、引っ越し値引き交渉にも柔軟に応じてくれ、安心保証でおトクに引っ越しができる、それが、『サカイ引越しセンター』さん、ということです。

自宅訪問してもらう前に準備すべきコト

あなたが『サカイ引越しセンター』さんに、無料見積り訪問してもらう日までにしておくことは、次のコトだけ。

 

集めた見積り金額の中で、一番最安値だったところの金額を覚えておく

 

できればですが、5社〜7社くらいからは見積りを取っておきたいところです。

 

見積り数が多ければ多いほど、「サカイ引越しセンター」さんとの交渉の際に有利になりますから。

 

とはいえ、

 

 
  • 女性1人なのに自宅に訪問見積りって大丈夫かしら?
  • 『サカイ引越しセンター』さんの営業マンは怖くない?
  • 1人でもうまく交渉できるかな?
  •  

    という不安って、最初はありますよね?

     

    でも大丈夫、「たかが」引っ越し見積りです。

     

    「サカイ引越しセンター」さんの営業マンだって、会社の看板背負って営業してますから紳士です。

     

    ですから、ここは、

     

     

    「今回ワタシは値引き交渉で必ずトクする!」

     

    と勇気を奮い立たせ、交渉をゲームのように楽しんでください!

     

    そうすれば、交渉だって一人で全然平気ですし、仮に営業マンに帰って欲しくなったら

     

     

    「家族と相談してみて…また連絡します!」

     

    って、シレッと言えば全然OK。

     

    『お客様は神様』ですし、引越し見積りは契約をしてもらいたい営業マンのほうが不利ですから、なんでも言ったもん勝ちです。

    引越し値引きを大きく獲得する交渉ネタ4つ

    実際に『サカイ引越しセンター』さんの営業マンとの引っ越し値引き交渉で、効果のあるネタは次の4つです。

     

    繁忙期(3月末〜4月上旬、9月下旬〜10月上旬)の期間を避ける

    この2週間は引っ越しが目白押しなので、「サカイ引越しセンター」さんを含め引っ越し業者さんは一切値引きしません。
    ですから、できればこの時期の引っ越しは避けたいところです。
    とはいえ、どうしてもこの時期でなければならない場合は、次のような方法が可能かを考えます。

    引っ越し日を土日に指定せず、「サカイ引越しセンター」さんの都合に合わせる

    引っ越しは平日だと安くなります
    特に「サカイ引越しセンター」さんの日程が空いている場合は、かなりの値引き対応をしてくれます。

    引っ越し時間を「サカイ引越しセンター」さん都合に合わせる

    引っ越しで荷物を搬出する時間、荷物を受け入れる時間を「サカイ引越しセンター」さんに合わせる方法です。
    といってもほとんどは、午後からとなるでしょう。
    「サカイ引越しセンター」さんにも予定がありますから、最低でも2週間前には日時が確定します
    有給休暇などで休みがある程度自由に取れる場合は、この方法がオススメです。

    引っ越し先に本社(もしくは支店)があるのを確認しておく

    「サカイ引越しセンター」さんの「戻り便」を利用しちゃおうという作戦です。

    東京から札幌に引っ越したい時は、あえて札幌に本社(もしくは支店)のあることを確認してから「サカイ引越しセンター」さんに見積りを依頼します。

     

    すると他のお客さんからの【札幌⇒東京】の引っ越し受注が既に決まっていて、それが近々にある場合…
     ↓ ↓ ↓
    札幌から向かったトラックは、その日の帰り便は荷物がゼロでも札幌まで返さなくてはならない
     ↓ ↓ ↓
    荷物ゼロの儲け0円で東京から札幌に帰らせるくらいなら、採算度外視でも受注するか…

    というふうに、多少の赤字は覚悟して、少しでも売上アップになれば…と考えるんです。

     

    そんな引っ越し業者さんのウラ事情を利用しちゃうという方法です。

     

     

    以上の4つの方法がすべてハマると、東京⇒札幌間の家族3人・3LDKの引越しが総額7万円でできちゃいます

    【イザ本番!】「サカイ引越しセンター」さんとの交渉方法

    引越し契約をする日は、『サカイ引越しセンター』さんの営業マンが、アナタの自宅に見積りに来るです

     

    その日の目安は、最初に引っ越し一括見積りを依頼してから1週間後くらい。

     

    訪問してもらうのにオススメなのは、夕方以降です。

     

    特に、翌日が休日の金曜日の夜などがオススメです。

     

    そしてそのときは、できれば『あなたが引っ越しを決める決定権を持っているフリ』をして営業さんと応対してください

     

    というのも、営業マンって決定権を持っていない人には、値引き価格をなかなか出さないことがありますので。

     

    また、アナタが交渉日までにやっておくことは、準備編に書いてあるとおり、

     

    複数の引越し業者さんから見積りを取って、一番安い金額を覚えておくコト

     

    また、他の引っ越し業者さんから見積りを取ってあることは、最初は秘密にしておきます。

     

    さあ、ではさっそく『サカイ引越しセンター』さんの営業マンに訪問無料見積りを実際にしてもらいましょう...。

     

    おそらくですが、最初の見積り金額は…

     

    怒った顔

     

    ビックリするくらい高い金額を提示してくることでしょう。

     

    いわゆる「足元を見る」という、引っ越し業者さんの常套手段です。

     

    これは、営業マンが

     

    「アナタの引っ越し予算がどのくらいなのか?」

     

    を探りに来ているんですね。

     

    そして、見積り金額の算出根拠がいかにも正当であることを、あ〜だこ〜だと説明してくることでしょう。

     

    でも、大丈夫、ここからが作戦の始まりです。

     

    アナタは、

     

     

    え〜っ…金額が高すぎて、全然納得いかないな〜

     

    という、完全拒否オーラを出しながら、見積り金額を見つめて、無口になってください。

     

    女優になった気持ちで演技してください。

     

    そして、絶対にアナタから金額の値引き交渉はせずに、ひたすら時間を稼いで…我慢する。

     

    できれば、完全に『無口になってただ黙りこくる』役を演じてみてください。

     

    ..

     

    ...

     

    ....

     

    そうすると...

     

    「サカイ引越しセンター」の営業マンさん、沈黙に耐えられなくなって、焦ってきます。

     

    そして、スグに見積り金額のチョット値引きの話をしてきます。

     

    それでも、アナタは具体的な値引き額を提示されても、ただ相づちをうって黙って聞くだけにすること。

     

    そして、『サカイ引越しセンター』さんの営業マンが、

     

     

    今だとこの見積り金額が限度です!

     

    と言うまで待ち、そう言われたら、アナタは初めて

     

     

    「この金額だったら、他社さんの見積り金額の方が安かったです…」と、ボソっと言う

     

    ですが、このとき他社の実際の見積り金額は、まだ絶対に言わないでください

     

    というのも、ここからが本当の値引き交渉のスタートだからです。

    引越し料金交渉、秘密のカラクリ

    実は、引越し業者さんの料金は、次のように決まっていきます。

     

    1. 担当者の値引き枠 〜〜〜 見積りに来た者に与えられている値引き枠
    2. 上司の値引き枠 〜〜〜 営業上司が相談を受けて決済する値引き枠
    3. 支社単位の特別値引き枠 〜〜〜 他社見積りに対抗する会社の威信をかけた特別判断値引き

     

    で、一番安いのは、3の『会社の威信をかけた特別判断値引き』です。

     

     

    同業の他社には見積り勝負で負けられない...
    他社の方が見積りは安かったとSNSで噂が広がったらヤバいかも...

     

    というのが、引っ越し業者さんの本音だからです。

     

    ですから、アナタは、見積りに来た営業マンさんへ、値引きの揺さぶりをかけましょう。

     

    といっても、特に何もすることはありません。

     

    前出のとおり

     

     

    「この金額だったら、他社さんの見積り金額の方が安かったです…」

     

    と言ったら、そこからまたダマり込みましょう。

     

    そうすると、『サカイ引越しセンター』さんの営業マンは必ず

     

     

    ちょっと上司と相談しますので、お電話する時間をください

     

    と言ってきます。

     

    そのときがチャンス!

     

    上司に相談すると言ってから、はじめて他社の見積り最安値金額を教えてあげましょう!

     

    そうなると、今度は【会社VS会社】の見積り金額勝負になりますので、営業マンは必ず上司に相談します。

     

    その後は、ある程度値引きされてもアナタは、

     

     

    他社見積り以下でないと今日は絶対に契約しません!

     

    と言い続けてください。

     

    そして、そこからは再度、無口になってください。

     

    そうして、しばらく営業マンを放置しておくと...

     

    ......

     

    限界だったはずの見積り金額が...また更にどんどん下がりはじめるんです!

     

    アナタが無口であればあるほど、どんどん勝手に金額が下がっていきます。

     

    そうなったらアナタは、準備編で検討していた『妥協できる条件』をチョイチョイ小出ししてあげましょう。

     

    たとえば、

     

    • 引っ越し日は平日でも良いとしてあげる
    • その日のうちに運び終わるなら、引っ越し開始は昼からでも良いとしてあげる

     

    といった具合に、営業マンが上司を説得しやすいネタ、上司も値引き判断をしやすいネタをチョイチョイ与えてあげます。

     

    あとは、アナタが納得できる金額になるまで待つだけ。

     

    妥協金額の目安は、

     

    引っ越し一括見積もりの最安値金額から、10,000円以上は安い金額

     

    なお、交渉時間は『「サカイ引越しセンター』さんの営業マンが訪問してきた時から1時間以内で充分です。

     

     

    ただし、引っ越し繁忙期(毎年3〜4月、9〜10月)にこの交渉術でネバりすぎると、業者さん側にキレられることがあります。
    そんな時はさっさと交渉をやめて、次に安い見積を出してくれた業者さんにスグきてもらって再度交渉しましょう。
    でも私の経験から言うと…『サカイ引越しセンター』さんの営業マンは、ほぼ確実に他社以下の見積り回答をしてくれます。

    【まとめ】引越し値引きを限界まで安くする方法

    以上のとおり、『サカイ引越しセンター』さんと引越し交渉をするときのポイントは、次の3つです。

     

    最初に引っ越し見積もり一括サービスを利用して、できるだけ多くの見積もりを集める
    サカイ引越しセンターさんには、一番最後に訪問見積もりをしてもらう
    限界の見積り金額を出させたのち、他社最安値の見積金額を見せ、「これ以下じゃないと契約しない」と言って無口になる

     

    この方法だと、確実に引越し値引きをゲットできます。

     

    なので、あなたもこの方法で、『サカイ引越しセンター』さんに引っ越し料金を安くしてもらい、楽しい引っ越しにしちゃってください。

     

     

    ちなみに、引越し見積もりの値引き交渉は『早いもの勝ち』です。

     

    というのも、業者さんの引越し予定がパンパンだと値引き交渉は難しくなるので、早め早めに交渉して決めるほうが有利なのです。

     

    ですから、まずは↓↓↓から引っ越し一括見積もり無料サービスを利用してみてください。

     

    \スグやらないと時間が足りなくなる/

    ▲今スグ無料で依頼▲